停滞に直撃され

説明:「失われた10年」という語は、一つの国全体であったりどこかの地域における経済がおよそ10年以上の長きにわたる不況、停滞に直撃されていた10年を表す語である。
【解説】外貨預金の内容⇒銀行で扱うことができる外貨建ての商品の一つの名称であって外貨によって預金する。為替レートの変動で利益を得られる可能性があるが、同じように損をするリスクもある(為替リスク)。
たいていの上場している企業であれば、企業活動のためのものとして、株式以外に社債も発行するのが当たり前。株式と社債の違いは何か?それは、返済義務に関することなのだ。
有名な言葉「銀行の経営、それは信用によって繁栄する、もしくはそこに融資するほど値打ちがない銀行であると判定されてうまくいかなくなる。どちらかだ」(引用:米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月11日、日本振興銀行が経営破綻した。これによって、このときはじめてペイオフが発動して、日本振興銀行の全預金者の3%程度といっても数千人が、上限額の適用対象になったと思われる。
外貨商品。外貨預金について。銀行が扱うことができる外貨商品の名称であって外貨で預金する商品の事である。為替レートの変動によって発生した利益を得る可能性があるけれども、同じ理由で損をするリスクもある(為替リスク)。
このため日本の金融・資本市場での競争力を強化することを目的とした緩和のほか、金融規制のますますの質的な向上を目標にした取組や試みを実践する等、市場環境と同時に規制環境に関する整備が常に進められているわけです。
金融商品の仕組み。株式とは?⇒社債などと異なり、出資証券(有価証券)であり、企業は出資されても購入した株主への出資金等の返済する義務は発生しないということ。最後に、株式は売却によって換金するものである。
小惑星探査機「はやぶさが話題になった2010年9月12日、日本振興銀行が前触れもなく破綻したのある。この破綻によって、ついに未経験のペイオフが発動したのである。このとき預金者の約3%程度とはいえ数千人が、上限適用の対象になったと想像される。
きちんと知っておきたい用語。スウィーブサービスの内容⇒通常の銀行預金口座と証券の取引口座、この2つの口座間で、株式等の購入のための資金や売却でえた利益などが手続き不要で振替してくれる有効なサービス。同一金融グループ内での顧客の囲い込み戦略なのです。
15年近く昔の西暦1998年12月、旧総理府の内部部局ではなく外局として委員長は大臣と決めた新たな機関、金融再生委員会を設置し、不祥事を受けて設置された金融監督庁は平成13年1月の中央省庁再編までの間、金融再生委員会の管理下に約2年7か月配されていたわけです。
ゆうちょ銀行(株式会社ゆうちょ銀行)によるサービスについては民営化前からの郵便貯金法に基づいた「郵便貯金」の定義は適用せず、民営化後は銀行法に定められている「預貯金」に則った商品なのだ。
つまり金融機関の格付け(評価)というものは、ムーディーズなどで知られる格付機関が金融機関、そして国債社債などの発行元などの、信用力(債務の支払能力など)を基準・数字を用いて評価しているのである。
要は「金融仲介機能」と「信用創造機能」そして「決済機能」以上、代表的な機能を通常銀行の3大機能と称し、「預金」「融資(貸付)」「為替」という銀行の本業あわせて銀行自身が持つ信用によってはじめて実現されているものであると考えられる。
巷で言われるとおり、第二種金融商品取引業者(第一種業者も当然だが)がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を発売し、それを適切に運営していくためには、恐ろしいほど量の、業者が「やるべきこと」、業者が「やってはいけないこと」が規則により求められているのだ。

広告を非表示にする